ステンダース・ジャパン オーナーとステンダースの出逢い

オーナー谷本

ステンダース・ジャパン
オーナー 谷本 瑞絵

メッセージ

2005年 秋。
私は、ドイツにあるヨーロッパ最大のNATO空軍基地で車の販売をしていました。

その時、あるラトビア空軍大尉からすてきなプレゼントを受け取りました。
それが、私とステンダースとの最初の出逢い。

香り、デザイン、保湿力、コンセプト、使い心地、すべてに魅了され、
突然、私のバスタイムが幸せをいっぱい感じる特別な時間へと変わっていったのです。

それまで、肌の弱い私が使える入浴剤やせっけんは、敏感肌用に限られていました。
そのため、お風呂といえば用事をすますだけの時間でしかありませんでした。
日本でも自分と同じような人がたくさんいるはず!と思うと、同じ楽しさを味わって
ほしくてたまらなくなりました。さらに、日本と海外との架け橋になりたいという
昔からの夢が、パズルのようにぴったりと合わさったのです。

そして、その空軍大尉と2人で数々の難関を乗り越えて、ステンダースのアジア1号店を
日本にオープンさせたのが2007年。このお店は、3万人働く空軍基地でたった1人の
日本人と、たった1人のラトビア人の奇跡的な出逢いから始まりました。

これを読んでくださっているあなたと、ステンダースを通じて出逢えたことも、
奇跡の出逢いであると思っています。そして、あなたにも、もっともっとステキな
出逢いが起きることを願っています。

オーナーガティス

ステンダース・ジャパン
共同オーナー
ガティス・ガイリティス

メッセージ

私は、人生の半分を軍事分野に携わってきました。
唯一の日本人の友達、瑞絵さんとはドイツで出逢いました。
私の生まれ故郷のラトビアを知っていただきたくて、ラトビアを代表する
ブランド「ステンダース」の商品を彼女にプレゼントしたのです。

そのことがきっかけで日本にステンダースを紹介していくという、
今まで想像もしえなかった仕事に携わることになりました。

奇跡の出逢いから始まったこのお店で、日本の皆様にお会いできる年に一度の来日を、
毎回楽しみにしています。

メールマガジン